FC2ブログ
「かあちゃん大阪に行く。」其の2
2010 / 01 / 31 ( Sun )
いよいよ京都に入りました。どうやら雨模様だったみたぃ。でも大阪はどうかな?雨、止んでるのかな?人も車もいっぱいだけど、それに自転車も…。

街全体が活気づいてる。京都は大阪よりもちょこっとだけ、ほんの少~し上品っぽいイメージあるけど、大阪はそんなんやおまへんでぇ。なんでもかんでもコテコテや。あぁ~楽しみや~。

居ました、居ました、京都の街にもチャリ軍団が。すぐそば、高速バスの脇をすり抜けていきましたよ。

大阪の街はもっとスゴイや。あぁ~ワクワクしてきたわ。
13 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「かあちゃん、大阪にいく。」の巻
2010 / 01 / 31 ( Sun )
いつもはまだまだ夢の中のかあちゃんも、とびっきり早起きし、高速バスで一路大阪へ。

とうちゃんとごん太に見送られ、久しぶりの単独行動です。

お昼にバスに乗るなんて、ちょっと時間の無駄かなぁ?と思うけど、流れゆく景色にいろんな思いを馳せながら、夜行バスよりは楽しみがいっぱい!! 夜は何にも見えへんし、寝てるしかないもんなぁ。

大阪に着いたら、あっちこっち行って、あれこれ食べて、あぁ~忙しいぞぅ~。

山ばっかりの景色からだいぶ家が密集してる風景に変わり、ただいま名古屋あたり。一宮サービスエリアて、どえりゃあうめぇ「あんかけスパゲティ」食べて、次はもう京都どすぇ~。

「清里の スローライフも 良いけれど やっぱ大阪 忘れられへん」
12 : 22 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「清里の 雪の景色の 美しさ 里に住めるを 幸に思う」
2010 / 01 / 28 ( Thu )
100120_1145~01.jpg
良いお天気が続いたと思ったら、今日はまたうっすらと雪化粧です。

とうちゃんと、「今日は庭仕事出来へんなぁ~。」と言いながら、この間のキルト博で知りあった、塩尻のパッチワークのお店に行って来ました。そして、またいろいろな生地を買い込んで帰ったかあちゃんなのでした。

自分の興味あるものには、感化されやすいかあちゃんはキルト博に行ってから、昼夜を問わず毎日チクチク、チクチクと針仕事に精を出しているのです。

「とうちゃんの ハンドル任せ 風まかせ どこでもいくぜ 気の向くままに」
23 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
晴れた日は…。
2010 / 01 / 28 ( Thu )
100107_1609~01.jpg
「ん?何の音?」

夢とも現実ともつかない狭間の中で、カーテンのわずかな隙間から差し込む太陽の光で、ソッと目をさますと、何処からともなく聞こえてくる「カーン、カーン」、「ジャーン、ジャーン」という音。

晴れた日は外に出て庭仕事。木を伐ったり、薪割りをしたりするのがとうちゃんの日課です。

天気の良い日は朝早くから、「目一杯」外仕事をし、お昼過ぎからは、かあちゃん、とうちゃん、プラスごん太で、まだまだ未知の山梨を見て廻るのが最近のライフスタイル。

山梨の地形は不思議なところがいっぱい!!山の中に家があったり、谷底に家があったり、新しい発見でワクワク、ドキドキ。

「今日はどの道を走ろうか?」と、気の向くまま、とうちゃんのハンドル任せの毎日なのでございます。

00 : 39 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ポカポカ陽気だった、大寒。
2010 / 01 / 21 ( Thu )
20100121221733
一年の内で一番寒いと言われる昨日の「大寒」、ますます寒さが厳しい頃なのに、昨日はポカポカ陽気。梅の名所、甲府の不老園では早くも寒紅梅、冬至梅がほころび始めたらしい。ごん太もポカポカ陽気に気持よさそうに「ひなたぼっこ」です。

が、昨日と打って変わり、今日は朝から冷たい雨です。晴れた日は朝早くから薪割り、庭仕事に精を出すとうちゃんも、外に出られず手持ちぶさた。

前々からやりかけてたジグソーパズルを、リハビリでもしょうかな?」と言いつつ、引っ張り出してきて四苦八苦。

「何がリハビリじゃい!!」って言いたかったけど、うっとうしいからそっとしておいた。
22 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京国際キルトフェスティバルに行って来ました。
2010 / 01 / 19 ( Tue )
20100119235146
20100119235144
20100119235142
20100119235140
20100119235137
宵っ張りの朝寝坊のかあちゃんが、今日は特別に早起きし、東京へキルトフェスティバルを見に行って来ました。大阪でも何度となく足を運んでたけど、山梨に来てからは東京へ行く機会がめっきり増えました。

東京ドームは凄い人出で、押すな押すなの大騒ぎ。会場に入るやいなや、「うわぁ、すご~い、素敵!」を連発。

神業としか言われへんような、素敵なものがびっしり!! 今まで、編物、ビーズ、トールペイント、パッチワークと、広く浅く幅広くやってきたけど、「何かひとつだけ、極めた方が良かったかなぁ?」と、反省することしきり。全部、中途半端やもんなぁ。成人式を三回も終えたような歳だけど、いまからでも遅くないかな?「何かひとつだけ」極めてみようかな?と思ったいちにちでした。

会場内の、「キャッシー中島」さんのお店で、勝野洋さんがお手伝いしていたので、つい盗み撮りしてしまいました。
23 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天然のオブジェが出現する、冬の清里。
2010 / 01 / 18 ( Mon )
20100118231137
20100118231134
20100118231132
冬の清里は雪遊びの季節です。ばっちりと防寒対策を決めこんで、動物たちの足跡を追いかけたり、雪原を駆け回ったり、暮れ行くまで雪の森の住人になりきってみませんか?

氷の季節でもあるこの時季は、軒下のつららはもちろん、渓谷のあちこちで滝や流れが凍り付き、天然のオブジェが出現します。

いつもよりちょこっとだけ早起きし、「吐竜の滝」に行ってみました。まだまだ全体が凍りつくまではいかないけど、一部分だけ氷柱が見られます。

誰が作ったのか、こんなに可愛い「雪だるまちゃん」が、ちょこんと座っていました。
23 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思えば遠くへ来たもんだ、「漢字の読み」編。
2010 / 01 / 16 ( Sat )
大阪に住んでた頃、あらゆるカルチャースクールに顔をだし、それなりに知識を得てきたつもりだったのに、まだまだ勉強不足だったんやなぁって、つくづく思う。今はクイズ番組で学ぶ?ことが多い毎日だけど、「漢字の読み」には、結構自信ある方やと思ってたんだけどなぁ…。

「60の手習い」なんて言葉があるけれど、山梨に来て初めて知り得た「漢字の読み方」がたくさんある。大阪から引っ越して来なければ絶対に読めなかったと思う漢字の読み。60才を目前にして初めて覚えたのだ。

「野牛島」って書いて、「やごしま」、「薬袋」、と書いて「みない」、「功刀」は「くぬぎ」、などなど。

また、「有賀」が「あるが」、「三枝」と書いて「さいぐさ」。大阪では「ありが」、「さえぐさ」って読んでたのに…。何でもアリかいな!って言いたくならへん?「所代われば、なんとか」なんかなぁ?地名がそのまま苗字になってるのも多いしなぁ。

そして極めつけは、「羽中田」と言う苗字、「はちゅうだ」と読んだり、「はなかだ」と読んだり。ややこしいてかなわん。「いったいどっちやねん!」って、ツッコミたくならへん?

と言う訳で、山梨での里山暮らしは、毎日が「お勉強の時間」なのでございます。
22 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思えば遠くへ来たもんだ、「言葉編」。
2010 / 01 / 14 ( Thu )
20100114233250
清里に移り住み、三年目の厳しい冬の毎日。とびっきり寒い朝、地面からにょきにょきと現れてた、きらきらの氷の柱、「霜柱」に変わり、今は銀世界の中での生活。

成人式を三回も終えたような年齢になると、清里での厳しい冬の生活は、「ただならぬ覚悟」が必要だと痛感している。が、山梨に来て学んだこともたくさんある。

山梨は関東圏に入るので、綺麗な標準語を喋ってるものだと思っていたのに大違い。独特の「甲州弁」たるもんがあるらしい。うっかり聞いていると、何を言ってるのかわからへん。まるで外国語?でも喋ってるみたい。そんな時は、「ニコッ」と笑ってごまかすか、話しの流れでなんとなく理解し、曖昧に返事をする。
話してると、ほとんどの人に「関西の人?」って聞かれるけど、別にそんなことどうでもええやん、なあ! 甲州弁より、ずっと優しくて可愛い言葉や思てるねんけどなぁ、関西弁は。

で、山梨で売れに売れてるこんな本、買ってみたけど、全く理解できない「甲州弁」が満載なのである。
23 : 32 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「幻想的な雪景色」見たくない?見たかったらおいでよ清里へ。
2010 / 01 / 13 ( Wed )
20100113214018
20100113214015
1月の風景は時間の連続としては12月とあまり変わらへんけど、やはり新鮮に映る。

雪の日が多く、本格的に降り積もり、静寂の中に全てを降り埋めていく雪や、ほんの少~しだけ長くなった昼間の時間が新しい季節の訪れを暗示している。

寒くっても、高原の冬は意外にアクティブな季節。昼夜を問わずアウトドアレクリエーションが楽しめます。スキーはもちろん、スノーシューで新雪の草原を走り回ったり、霧氷の森を歩き回ったり、夜空に輝く満天の星を観察するのも冬ならではの楽しみ。

そして今日もまた…


だあれもいない雪原の、「真っ白いキャンパス」に一番乗りで足跡を付け、雪まみれになったごん太君。

その後ごん太は、トリミングに連れて行かれ、トリマーのすみこお姉さんの手できれいにカットされ、「イケメンごん太」に変身したのでした。

「泥シャンプー」とやらをしてもらい、フワフワのつるっつる、とてもええ匂いのごん太君です。
21 : 40 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清里高原、今日もまた雪化粧です。
2010 / 01 / 12 ( Tue )
20100112233653
20100112233651
お正月に降った雪がまだ残っているのに、お昼頃からまた雪になりました。 あっという間に一面真っ白です。

晴れた日の、夜空の星や月の、清らかな光を浴びるのもいいけれど、今夜はとてもキレイな雪明かりです。

雪で、ごん太とのお散歩をお休みにしたごん太かあちゃんは、今日は「パイ」を焼いてみました。

いろんな形にくりぬいて、ハート型にはホイップクリームと栗、プチパイにはチョコレートなど入れたりして…。

「あっ、そういえば、こんなお菓子売ってたよなぁ?なんとかのパイの実?だったカナ。」って、息子たちが小さい頃のことを、ちょこっと思い出したかあちゃんなのでした。
23 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
正月七日、「七草がゆ」の日です。
2010 / 01 / 07 ( Thu )
20100107230737
古くから、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの七草を入れたお粥を食べると病気をしないという言い伝えがあり、季節行事として取り入れられてきました。

わが家も今日は「七草粥」を食べ、お正月に食べ過ぎてた胃腸にちょっとだけ?休養を与えました。

遠~い昔、母親が教えてくれた事。お粥を食べる時、お箸に少しだけお粥を付けて左右の耳のそばに持っていき、独特の徳島弁で「ええこと聞けよ。ええこと聞けよ。」と言ってたのを鮮明に思い出した。

あれって一体なんだったのだろうか?

「悪い事は、聞かんとき~。悪い事には耳を傾けんときや。」っててことだったんと違うかなって、ひとりで解釈してる。

こんなに昔のことばっかり思い出して、「歳を重ね過ぎたなぁ。歳、とった証拠や。」

寒いけど、久しぶりにおだやかないちにち。富士山もひときわキレイに見えました。
23 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
はなみずきのごん太君は「いやし系」?それとも「イヤシイ系」?
2010 / 01 / 06 ( Wed )
20100106232344
20100106232342
寒い、寒い毎日です。清里でも10~15センチもの積雪。

万年、ダイエット中のかあちゃんは、ちょっとおデブさんになったごん太を連れ出して、雪道をコワゴワしながらたっぷり一時間お散歩です。

ごん太はねぇ、みんなから「わぁ~、可愛い~、癒されるわ~。」なんて言われるんだけどネ、食いしん坊のごん太は、「ホントはいやし系じゃなくって、イヤシイ系やなぁ。」って、かあちゃんが言うんだ。

かあちゃんはネ、「あぁ~、ヤバイ、絶対痩せなあかんわ。」って毎日言いながら、散歩から帰ったとたん、シュークリームを焼き始めた。

プ~ンと、とっても美味しそうな匂い。今日はネ、「抹茶シュー」だってさ。

そのあと、焼きあがったシュークリームに、抹茶入りクリームをたっぷり入れてパクパクと2個もたいらげた、ごん太かあちゃんなのでした。

ごん太がおしゃべりできたらネ、かあちゃんにこう言ってみたいよ。「それでダイエットしてるつもりなん?」ってネ。
23 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清里高原、森の匂いに包まれて…。「冬の楽しみ方いろいろ」
2010 / 01 / 05 ( Tue )
20100105234624
20100105234621
清里高原は豊かな自然に囲まれているため、日がくれるとすぐに夜の静けさに包まれます。

音もなく輝く星々の物語に耳を傾けたり、夜通し降った雪の上に残された動物たちの足あとを見つけたり、冬ならではの楽しみも沢山あります。

昨日あんなに良いお天気だったのに、夜中から降りだした雪で、広い草原が真っ白な世界に変わりました。

ず~っと小さい頃、徳島に住んでた時は雪を見るのは珍しく、雪が降るのが嬉しくて朝がくるのが楽しみだった。

そして、今日も…

訳もなくワクワクしていつもより早起きしてしまい、相棒のトラさんに、「ん~?今日はえらい早起きやなぁ??」って、言われてしまいました。

雨に濡れるのは大キライなごん太も雪の上では大はしゃぎ。食いしん坊のごん太君は、少~し「お味見」もしたようです。
23 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
穏やかに晴れた、お正月四日目の清里。
2010 / 01 / 04 ( Mon )
20100104233651
20100104233649
年末年始と、バタバタしてる間に、お正月の三が日も過ぎ、今日はもう四日。 多くの会社は今日が「仕事始め」なんやろなぁ?

大阪では「仕事始め」と言えば、地下鉄でも私鉄でも、晴れ着姿を大勢見かけたものだが、山梨ではだあれも見かけへんかった。まぁ最近では「着物」じたい着る人が少なくなってきてるもんなぁ。

初詣に行ったりして、着物姿を見ると、「あぁ、お正月なんや」って思ったもんやけど、ここに住んでたらお正月なんて全然実感がわかへん。ちっとも普通の日と変わらへんかった。

年末から毎日のように雪がちらついてたけど、今日は風もあまりなく、穏やかに晴れました。近くのポニー牧場では、ポニーが気持よさそうに寝そべり、ポニーに乗った可愛いお子ちゃまの姿も見受けられました。
23 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「今年は寅年」、新しい年のはじまりです。
2010 / 01 / 01 ( Fri )
20100101232459
20100101232457
新年、明けましておめでとうございます。

今年は寅年、はなみずき、ごん太のかあちゃんもとうちゃんも、寅年。世間でよく言われる還暦、「アラ還」なんだってさ。

人生は、山あり谷あり。出会い、別れ、旅立ち…。いろんなことがあった60年、トラ年生まれのかあちゃんも乙女の頃は「借りてきたネコ」のように、可愛く?ておとなしかったけど、結婚してからは世間の荒波にもまれ、本来のトラの姿を現して猛獣化し、トラ年夫婦は、お互いに猛獣使いにやっと慣れてきたのでした。

今年もおせちは、関西の某割烹料理からの「お取り寄せ」。お雑煮は関西風、丸もちにダイコン、ニンジン、サトイモ、とうふの入った白味噌仕立てで新春をお祝いしました。

そして…、

去年、目標を達成できなかったかあちゃんは、今年は「目標、抱負」は公言せず、「密かに試みる。」ことにするのでした。
23 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |