FC2ブログ
早くもホワイトデー商戦だよ。
2010 / 02 / 21 ( Sun )


バレンタインが終わったばかりと思いきや、早くもホワイトデー商戦が動き出し、不況といわれてもプレゼント商戦はとてもにぎやか。

異性の気を引こうと、物を贈るのは人間の世界だけなのかな?

晩婚が進む今どき、婚活は年々様変わりし、最近は体験型が人気らしい。男女ペアで畑を耕したり種をまいたりする「農婚」、環境意識の高まりを背景に森林で間伐作業をする「エコ婚」なんてものも登場したそうだ。共同作業をすることで一体感が生まれるという。さらに体を動かすことによって気分が高揚し、相手が魅力的にみえやすくなる効果があるそうだ。

まぁ、今年還暦を迎える、「トラ子とトラ夫夫婦」には関係ないことで、「離活」なんて言葉のほうがふさわしかもしれへんなぁ?

「スー」にハマってるかあちゃんは、スーのボーイフレンド、「ビリー」もポーチにしちゃいました。


22 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なつかしい大阪の味、阪神百貨店名物、『イカ焼き』、あ~、美味しかった!
2010 / 02 / 20 ( Sat )



いつも長~い行列ができるぐらい人気のある、阪神名物『イカ焼き』、ホンマにメッチャ美味しいなぁ。大阪に住んでた頃は、『粉もん』、お好み焼き、たこ焼きなど、好んでは食べたくなかった。

それが大阪を離れてみると、ソースの味、匂いが妙になつかしくて、時々食べたくなってくる。

この間も大阪に住んでる、甥っ子夫婦から『イカ焼き』が届いた。おばさんらしいことはなぁ~んもしてないのに、いつも気にかけてくれて、季節ごとになつかしい大阪の味が届く。

阪神の『イカ焼き』、千房の『お好み焼き』、蓬莱の『豚まん』などなど。メッチャうれしくって、イカ焼きなど一気にペロリと2枚も食べちゃいました?。う~ん、またまた太りそうや。年中ダイエット宣言してるのに?。

レンジで温めてると、プ~ンと美味しそうな匂いにさそわれて、「ボクも、もらえるのかな?」って顔で、ごん太がお利口におすわりして待っています。ごん太は食べられへんのに、ちょっとかわいそうやなぁ。



23 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふわふわと 花びら如く 舞う雪を 寒さ忘れて じっと見つめる」
2010 / 02 / 19 ( Fri )


寒?い日と、ちょっと暖かい日が交互にくる時季になってきました。毎朝、うっすらと雪化粧となる清里の雪も、お昼過ぎにはすっかり消えてなくなります。ゆっくりと、「春が近づいてきてるんや。」と、思えるような上天気。久しぶりのごん太とのお散歩も、とても気持の良いいちにちでした。

毎日コタツのお世話になりながら、パッチワークに精を出し、「スーちゃん」も、こんなにたくさん増えました。

23 : 14 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2月14日は『バレンタインデー』、チョコの用意はできた?
2010 / 02 / 13 ( Sat )
いつの時代も男性にとっては、ソワソワ、ドキドキの落ち着かない一日。

教室の外から「あのぅ~」なんて手招きでもされたら…。どんな顔していようか、と想像をふくらませて、頭の中でリハーサルしてみたり、何度も机の中や下駄箱を覗いてみたりする男子も少なくないんじゃないカナ?

イタズラ好きのかあちゃんはネ、大阪でお勤めしてた若~い頃、女友達と一緒によくイタズラしてたんだ。「あの人、絶対にモテへんやんなぁ。」とか言って、こっそりと同僚の男性諸君の机に、チョコレートを入れて反応を見る。一年に一度の「お楽しみ日」だってんなぁ。ホンマ、あの頃は何をしても、されても楽しかった。

最近では女性同士で贈り合う『友チョコ』だったり、自分用のチョコを買う人も多いんだってね。

男性も『本命チョコ』には、なかなかめぐりあわず、『義理チョコ』も少なくなって、世の男性には冬の時代なんだって。

はなみずきでも明日、バレンタインデーに帰るお子ちゃまには、ちょこっと『チョコ』のプレゼントがあります。
23 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清里で、「スーちゃんの日常」をキルトで描く、ごん太かあちゃんの日常。
2010 / 02 / 12 ( Fri )
100212_1124~02.jpg
100212_1124~03.jpg
100212_1124~01.jpg
100212_1125~02.jpg
節分の頃に降り積もった雪が、1週間かけてやっとなくなったのに、一晩でまた雪化粧になった清里。うんと小さい頃、楽しみだった雪だけど、清里に越して来て、こんなに雪の日が多いと、いささか「うんざり」してくる。雪かきはせなあかんし、雪解けは道が凍ったり、ドロドロになったり、ちっともええことあらへん。ごん太とのお散歩も、ままならんし。

降り積もる雪をうらめしそうに眺めながら、手仕事に精を出すしかないねんなぁ。「サンボンネット・スー」にハマりにハマって、可愛い「スーちゃんの日常」をキルトで描いてみました。ごん太?とお散歩したり、お花に水をやったり。

「春が待ち遠しい」、ごん太かあちゃんなのです。
22 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨市南アルプス、「若草の十日市」
2010 / 02 / 12 ( Fri )
100210_1128~01.jpg
100210_1132~01.jpg
「春を呼ぶ」、という南アルプスの十日市、たくさんの露店が軒を連ね、見てまわるだけで楽しくなってきます。

この十日市、「十日市で売ってないものは、猫のたまごと馬の角ぐらいだ。」と言い習わされてきたたとえには、市に出揃う品数の豊富さを誇っています。600軒もの露店には、十日市の名物、木工品、ウス、甲州だるまなどが並びます。

「今年も、十日市がやってきたねえ。」と、掛け合う人々の言葉には、待ちかねていた春を迎える感慨と、郷愁がこめられていると思いませんか?
14 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
寒いほど素敵…。寒いほどお得な清里。
2010 / 02 / 09 ( Tue )
100205_1036~02.jpg
1月末から2月にかけ大阪に行き、帰ってくると清里は一面の雪景色。立春の頃が一番寒いと言われるこの時季、2月いっぱい、清里では「寒いほどお得フェア」が、始まっています。

その日の朝10時の気温が5℃以下なら30%off、-5℃以下なら50%offになります。今年は飲食、宿泊、物販まで、58店舗が参加しています。

2月は雪遊びの季節です。スノーハイクやスノーシュートレッキングで雪原を駆け回りましょう。また寒さの一番厳しいこの月は氷の季節でもあります。渓谷のあちこちで滝や流れが凍りつき、天然のオブジェが出現します。そして軒先には、こんな風に「つらら」が、連なっています。
20 : 10 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大阪の地下鉄で、「面白いもん」、見~つけた。
2010 / 02 / 03 ( Wed )
大阪に滞在中は雨の日が多かったのに、今日は快晴。なのにもう清里に帰らなアカンねん。楽しかった3泊4日の大阪への「プチ家出」。ごん太とお留守番中のとうちゃんからのメールで、清里は積雪20センチらしい。

高速バスの中から見える景色も滋賀辺りでは、野も山も雪で真っ白。清里も一面雪化粧なんだろうなぁと想いつつ、化粧と言えば、今どきの「若いお姉ちゃんたち」、どうなってんねん!

高速バス乗り場に行く途中、地下鉄での出来事。1両中、10人ぐらいが一生懸命「化粧」してる。人目も気にせず、自分だけの世界にハマリこんでる。 素顔の「のっぺらぼう」の顔が、つけまつ毛を付け、眉を描き、だんだんと「よそゆきの顔」に変身していくのを珍しそうに、一部始終見届けた、ごん太かあちゃんなのでした。

だけど、これって大阪だけとちゃうんかいな?お姉ちゃんたち、「恥じらい」って言葉あるのん、知ってはる?
11 : 27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ごん太かあちゃん大阪に行く。」その4
2010 / 02 / 02 ( Tue )
100201_1250~02.jpg
100201_1311~01.jpg
ごん太のかあちゃん大阪満喫中~。きのうもその前も、雨の大阪の街なかを、昔のように練り歩いたり、地下鉄乗って問屋さんに行ったり、大忙しの毎日。

今日は晴れてるから気分も爽快。ええもん安いもん買いに、久しぶりの自転車に乗り、昔なじみのお店に顔を出す。

あぁ~、なつかしいなぁ、ホンマ大阪ってえええとこやゎ~。人情の街「大阪」、買いもんしたら、おまけしてくれるのは当たり前、値切って、値切って買わなきゃ損した気分、あぁ~、楽しかった!
19 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ごん太かあちゃん、大阪に行く。」その3
2010 / 02 / 01 ( Mon )
なつかしい大阪の街に、着きました。京都では止んでた雨が、大阪ではスゴイ雨降り。

こんな雨の中、大阪国際女子マラソンだったんですね。そういえば、まだ大阪に住んで頃は、家の近くの大阪城まで、たびたび応援に行ったこと、思いだすなぁ。

ランナーは、走ることでチャレンジする。記録に、ライバルに、そして、自分自身の可能性に。ときにつらくても、その先にあるゴールや目標に向かって、前へ、前へと走りつづける。その姿は、見ている者まで熱くしてくれる。

チャレンジが自分を強くし、チャレンジが明日を新しくする。

だけど、「アラ還」と言われるような歳になり、かあちゃんには「チャレンジ精神」なんてもの、どこかに忘れてきてしもたなぁ。
09 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |