FC2ブログ
冬のお楽しみ、「寒いほどお得フェア」が始まります。
2011 / 01 / 30 ( Sun )

清里の朝夕の気温は常に氷点下。ごん太を連れて散歩に出るとき、顔に当たる空気の冷たさで頬は真っ赤になる。たまーに零度近くになると、「ポカポカ陽気やなぁ。」といっていいくらいの暖かさに感じる。。

寒い、寒い清里では2月になると、今年もまた「寒いほどお得フェア」が始まります。フェアに参加してる飲食店、宿泊&観光施設が贈る、真冬のお客様割引サービス月間です。

オススメ商品が、朝10時の気温により割引額が決まります。

5℃以下なら10%OFF
0℃以下なら30%OFF
-5℃以下なら50%OFFになります。

お財布に嬉しい冬のお楽しみ、寒さを味方にして得しちゃいましょう!



14 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風邪の特効薬は、「優しい、いたわりの言葉」、だった。
2011 / 01 / 28 ( Fri )
毎日が氷点下の清里、慣れてしまってあまり寒いとは思わなくなった。

なのに風邪を引いてしまったかあちゃん、「病院に行こか?」、「何かお手伝いしょうか?」「鬼の撹乱やなぁ。」などと言ったり、心配する素振り?は見せるものの、朝が来ると達人と一緒にあたふたと山へ「木こりの真似事の真似事」に行ってしまう、とうちゃん。

帰って来れば、夕御飯が出来上がってるのは当然だと思っている。ご飯の用意はもちろん、洗濯もあるし、ごん太のお散歩もあるし、風邪を引いててもいつもと変わらぬ生活。

めったに引かない風邪をひくと、長引くのがいつものかあちゃん。ところが今回だけは、特効薬がメッチヤ効いたみたいで、治るのが非常に早かった。

ブログに風邪を引いたことを書いたら、「ゲゲゲの女房」ならぬ、「モスラの女房」(長男の嫁)から、「生姜湯飲んで暖かくして寝て下さいね。」なんて優しい、労りのコメント。うれしくって、涙とともに風邪も流してしまったんだとさ。

「子どもは娘に限るわ。」なんて世間ではよく言うけれど、「ホンマやねぇ、やはり娘が欲しかったなぁ。」っと、つくづく思うかあちゃんなのでした。
18 : 18 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清里での山里暮らしも四度目の冬を迎えました。
2011 / 01 / 25 ( Tue )
厳しい寒さも何のその、防寒対策バッチリの清里での四度目の冬です。

とうちゃんが、朝勤めに出て夜帰って来る、大阪時代の生活から一変。四六時中ベッタリ張り付かれて、監視?されてるような毎日にいささかうんざりする。

欲張って、集めるだけ集めといて丸太のまんまでほって置いた薪を割ってもらい、薪積みに四苦八苦してるのを見かねた前述の「山里暮らしの達人」に、またしても薪積みを手伝ってもらってる。「そんなことぐらいひとりで出来んのかい!」(怒)

その達人から、「木の切り出し」に誘ってもらったとうちゃんは、お弁当、おやつ持ちで遠足気分でいそいそと山へ出掛ける毎日。薪を割ろうとして振り上げた手斧で頭をケガする、ドジなとうちゃんは、木の下敷きになれぇへんかとか、指でも落とせへんかとか、それなりに心配で小さい子どもを遠足に出してる気分。でも補佐的な仕事しかできへんから大丈夫やと思うねんけどね。

そしてこの時とばかり、やりたいことがいっぱいあるかあちゃんは、手芸三昧「至福のひとときを」なんて思っていたのに、風邪っ引きでままならず、首までコタツに入り、ボォーっとテレビをながめる、テレビ三昧の毎日なのです。
23 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「なんで風邪ひかなあかんねん!」
2011 / 01 / 24 ( Mon )
「うわぁ、頭、悪ぅー。」??、じゃなかった。「頭、痛ーい!」「体がだるーい。」

不覚にも、かあちゃんは風邪をひいてしまったようです。

普段から身体が丈夫なことを自負し、誰かが風邪をひいたなんてことを耳にすると、「アホは風邪ひかん言うのにおかしいなぁ?」とか「なんで風邪なんかひくん?わからんわ。」「健康保険証なんか使ったことないわ。」「一年間、保険証使わんかったら、健康祝い金とか、いくらかの払戻し金があったらええのになぁ。」などと、さんざん悪態をついてたから、バチがあたったみたい。

いつものことながら、大なり小なり何らかのしっぺ返しが必ずくるのに、それでも悪態をつくことがヤメられへんかあちゃんなのです。

そして今回も…、

お医者さんにはかからずに、意地でも自力で治そうとしてるかあちゃんなのです。
22 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「タイガーマスク」の大活躍。
2011 / 01 / 22 ( Sat )


冬将軍がますます活躍し、寒さの絶頂期といわれる大寒も過ぎました。

この極寒を切り抜けてこそ、春の日ざしの暖かさを天恵として感じるようになるのですね。

厳しい冷え込みが続いている県内は、滝や湖が凍る、この時季ならではの「氷のオブジェ」が、あちこちで見られます。

「寒い寒い」と言っているこの時季に、世間を騒がせてる?心暖まるホットなニュース。寅年(タイガー)からウサギちゃんにバトンタッチされたのに、昨年末からタイガーマスクが大活躍。

「ぴょん!」、と跳ねて飛躍の年にと思ってたウサギちゃん、不本意ながらいまだに注目されず、「よう!さっすがウサギちゃん!」なんて言われるのはいつの日になるのだ、ぴょん!

薪割りも終わり、寒風の中、今度は薪積みに精を出すとうちゃん、やはり達人のようには巧く積めず四苦八苦。

ご覧のとおり、その差は歴然としています。

21 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清里、おだやかないちにちです。
2011 / 01 / 19 ( Wed )


厳しい寒さが続いていた清里も、今日はおだやかないちにちです。

「早起き担当」のとうちゃんは、あたたかい陽射しを浴びながら、薪割りです。

山里暮らしの達人と崇める「森の料理店」のオーナーシェフと朝から暗くなるまで機械を使っての薪割り。

直径30センチぐらいの丸太でも何のその。でもさ、とうちゃんはいつものことながら補佐的なことしかできないんだけどネ。機械を器用に操る達人のそばで、自分ひとりで働いてるみたいに大汗かいてる。

機械の上に丸太を置いて割れたら、向こうにポーンと投げる係。

見事な「薪の山」の出来上がりです。

明日ももうひとつ、大きな「お山」ができるんだってさ。

23 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
静かな静かな雪の朝を迎えた清里です。
2011 / 01 / 16 ( Sun )

きのうの夕方から雪になった清里。慣れているはずなのになぜか、わくわくしてしまう。

閑散としてる今、怠け者のかあちゃんは「遅寝、遅起き」の毎日で、カーテンの隙間から差し込む陽の光や、朝早くから起き出したとうちゃんが、暖炉で薪を焚いたり、カァーン、カァーンと薪を割る音で目覚めるのです。

だけど今日はちょっと違います。

夕べからの雪で早くから目覚めてしまい、降り積もった雪を見ると、なぜか小躍りしたくなるかあちゃんなのです。
辺り一面真っ白で、森の枯れ木には見事な花を咲かせてくれます。

森の木々、屋根には雪が固く凍りつき、そこに太陽の光が届くと、雪は落下し、森には解ける氷の音が響きます。 真っ先に消えてしまうのは木々の雪です。

あたたかくなるまで、幾度となくこんな日をくり返す清里なのです。
23 : 48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は小正月。
2011 / 01 / 15 ( Sat )

元日から15日の今日まで、ずっと良いお天気だけど、最高気温は全国的に平年を下回り厳しい寒さが続き、清里は毎日が氷点下の世界です。

お正月、成人の日もあっという間に過ぎ、今日は小正月。あずき粥を食べ一年の健康を祈ります。

そして飾ってあったお正月飾りを取り、お正月気分も抜き…。

だけどなぁ…、

「お正月太り」だけは、どうにもならへんねんなぁ。

町まで買い物に降りて行く途中、陽だまりでおサルさんが「ひなたぼっこ」をしていました。
23 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
寒いからこそ出逢える清里の風景。
2011 / 01 / 10 ( Mon )

雲ひとつない青空が広がり、毎日が上天気。なのに、厳しい冷え込みが続いている清里、今日の最低気温はマイナス11、3℃。陽射しは有るものの、 昼間でも氷点下の世界です。

日陰では、年末に降り積もった雪がまだ残っていて、歩く度に「キュッ、キュッ」と鳴る雪を踏みしめながら、寒すぎて目はしょぼしょぼ涙は出るし、鼻水垂らしながらのごん太とのお散歩です。

肌を刺すような冷たさはあるけれど、「ぴーん」と張りつめたような空気感。

富士山、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳はすっぽりと雪をかぶり、凛とした姿を見せています。

寒いからこそ出逢える風景が清里にはあるのです。

21 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年の目標は?
2011 / 01 / 07 ( Fri )
年末年始のお客さま、姫君たちが帰ったあとは、まるで潮が引いたあとのようなはなみずき。

閑散とした毎日に戻りつつあり、これからはまたまた怠慢な生活を送るかあちゃんなのです。

毎年毎年「今年の目標!」なんて、だいそれたことを掲げてみるものの、結局出来ずじまい。

ダイエット、ビーズドールの補充、キルティング、ペイント、編み物などなど…。やり遂げたいことが山ほどある。

そのなかで、一番に直したいのが言葉づかい。甲州弁には全然慣れず、少々きつく聞こえ、意味が解らない時は笑ってごまかしてきた。そのかあちゃんが、山梨に来てずいぶん暴言を吐くようになった。
大阪時代、いろんなカルチャースクールに顔を出し、帰り際に冗談混じりで、「また、来週ネ。ごきげんよう。」なんて言っていたのが嘘のよう。

おもしろおかしく毒舌を吐く相手もいず、さびしい毎日を送るかあちゃんは、忙しかったりイライラしたり、とうちゃんとケンカでもすると罵声を浴びせることなどお茶のこさいさい。あーぁ、こんなはずじゃなかったのに…。(泣)
22 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お正月、モスラ一家(長男夫婦プラス姫君)の里帰り。
2011 / 01 / 06 ( Thu )

年末に積雪があったものの、年明けからはずっと良いお天気。

お正月の二日にモスラ(長男)が、ゴジラ(奥方)、ミニラ(姫君)を引き連れて、親子三人での里帰りです。去年生まれたミニラにとっては、始めての清里入り。

新春にふさわしく清々しく晴れ渡り、穏やかな毎日で、厳寒?極寒?な清里に少しは慣れてきてる、とうちゃん、かあちゃんにとっては、少し暖かく感じる。

それなのに…、

モスラは「うわぁ、さむ!メッチャ寒いやん!!」と言って、ストーブ点けて、ヒーター入れて、床暖入れて、コタツにも入って…。ちょっとでもドアを開けると、「寒いやん!早よドア締めてぇや!」。

で、よくよく見ると、モスラ、えらい薄着してるやん!寒いはずや!舐めたらあかんぜよ!!清里の寒さを!!!

そして…、

なんやかんや言いながらも殿様、奥方さま、姫君さまは二泊三日の里帰りを滞りなく終えたのでございます。

ここんとこ毎日晴天つづきの清里は、年末に降り積もった雪が解け始め、清里の牧場にふさわしく乳牛みたいな模様を描いています。


19 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思い思いに新春を楽しむ…。
2011 / 01 / 04 ( Tue )

お正月三が日、山梨県内は比較的天候に恵まれ、イベントを楽しんだり、体を動かしたりと、それぞれの新春を過ごす光景が見られました。三が日を県内点描してみると、富士河口湖では、「冬の七夕祭り」があったり、甲斐市、都留市では新春マラソンなどなど。

年末から年始にかけ、お越しいただいたはなみずきのお客さまも、家族連れのスキー客がほとんど。

そういえば、「長男が二才ぐらいの頃から毎年、年末年始はスキーに行くのが恒例だったなぁ。」なぁんてね、遠い、遠ーい、昔のことをちょこっとだけ思い出した、かあちゃんなのでした。

だけどね、清里に越して来てからは一度もスキーに行ってないかあちゃん、滑って転んで雪まみれ、特大の雪ダルマになりそうやなぁ??

そして、ごん太のお正月は…、

お客さまのはるきお兄ちゃんとみづきお姉ちゃんにたっぷり遊んでもらって、超ゴキゲンなのでした。
23 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新しい年の幕開けです。
2011 / 01 / 01 ( Sat )

あけましておめでとうございます。

トラちゃんからウサギちゃんにバトンタッチされました。

と、言うことはトラ年のかあちゃんととうちゃんは還暦を過ぎたんだよ。去年はネ、もうひとり子トラちゃんも増えたし、いろんな出来事がいっぱいあったよなぁ。

今年はウサギ年だし、「ぴょん!」と跳ねて、飛躍の年にしたいなぁ?と思うかあちゃんなのです。

今年のおせちも京都の料亭からのお取り寄せ。
ン万円もかけて、おせちを買うなんてバカらしい!と言う人もいるけれど、人それぞれ、珍しいもんも色々食べられるし、ええのんとちゃうん?なぁ!


22 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |