FC2ブログ
クラッと、しそうなくらいまぶしい新緑です。
2011 / 05 / 27 ( Fri )


雨上がりは、一段と鮮やかになる新緑。家の外に出ると、あまりの気持よさに、クラッとしそう。

標高1100メートルの清里が半年ぶりの緑に染まってきたのです。一年の半分は緑のない世界だからこそ喜びは大きく、その儚さは貴重。

緑のトンネルを抜け少し歩くと、一面緑に染まった森と牧草地が見えてきます。そして、みんなが「暑い!暑い!」「猛暑だ!酷暑だ!」、と大騒ぎする頃になると、今は萠黄色の森の中は緑に覆いつくされ、濃い緑へと変身していくのです。




22 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「縁は異なもの、味なもの」。
2011 / 05 / 26 ( Thu )
どこで、どう間違ったのか?見知らぬ二人が一緒になって、お互いに妥協しあって、それなりにガマンしあって、何となく長年連れ添ってしまったとうちゃんかあちゃん。

今日も師匠からお誘いがあり、朝早くから畑へご出勤のとうちゃん。いっつもおしゃべりの相手がいないかあちゃんは、最近では喋ることが面倒くさい。

倦怠期を過ぎ衰退期?に差し掛かってるとうちゃんかあちゃんの会話は、五十音の「は行」のみで間に合う。

何か言われると「はぁ?」で聞き返し、

たまには「ひゃー」、とか「ひぇー」と言って驚き、

「ふーん。あっ、そぅ。」と、一応納得した顔をし、

「へぇー。」と、感心した素振りをみせ、

「ほぅー。」っと言って冷たくあしらう。

常日頃のそんなかあちゃんの言動を見てて、弟君はこう言う。

「おかん、アカン警察に捕まるんちゃう?」だって。そやなぁ、かあちゃんもそう思うわ。

アカン警察とは、日曜日夜8時から放映されている「爆笑大日本アカン警察」なのです。
21 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日も元気に庭仕事。
2011 / 05 / 25 ( Wed )

晴れた日は、庭仕事に精を出すとうちゃん。草抜きをしたり、鬼嫁(かあちゃん)の言い付けどおり、花の植え替えに余念がない。「かあちゃんの言い付けばかり聞けるかい!」、と言わんばかりに、山里暮らしの師匠、(森の料理店のオーナーシェフ)から仕事のお誘いがくると嬉しそうにイソイソと出掛ける。

それにしても、師匠はよう働く。お店のランチとディナーの間の僅かな時間でも、庭仕事したり、花の手入れをしたり…。じっとしてる時はないみたい。

その上に、副業?としてのウッドワーク、別荘暮らしの人の薪小屋を建てたり、暖炉や薪ストーブの煙突掃除、ガーデニング、木の伐採から薪作りまで何でもこなす。人に頼まれたら、「イヤ」とは言われへん性分らしい。

ある時はトラクターに乗り畑を耕し野菜作りに備え、そしてある時はトラックに乗りとちゃんと砂利運び。これは頼まれているガーデニングの庭に敷くものらしい。

そしてとうちゃんも、トラックに二台分運んでもらい、前庭に敷き始めました。「この砂利、ちょっと細か過ぎて雨に流されへんかなぁ?とか、タイヤがスリップするかも知れへんなぁ?」、とか心配しながらもガンバルとうちゃんなのでした。
14 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「走り梅雨」、でしょうか?
2011 / 05 / 24 ( Tue )

沖縄の梅雨入り宣言があったと思ったら、九州南部でも平年よりも早く梅雨に入った模様です。

昨日の山梨は朝から鉛色の空。今にも泣き出しそうな空は、お昼過ぎから大粒の涙を流し始めました。一晩中「大泣き」した空ですが、青空が見えた今日の清里。

肌寒いと思ったら、八ヶ岳は雪で真っ白です。富士山、甲斐駒、瑞牆山もまた少し雪が増えたようです。

「寒くって、またストーブ点けたよ。」なんて会話が飛び交っています。もちろんかあちゃんも、コタツに入ってます。
23 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雄大な自然とともに‥‥
2011 / 05 / 22 ( Sun )

子どもの頃は小児ぜんそくで、入退院を繰り返してた弟君も、「立派な?それなりのおっちゃん」になり、山梨の雄大な自然と共存、植林に精を出す毎日です。

かあちゃんたちよりも関東圏で暮らすのは長くて、標準語、そして仕事仲間の影響で甲州弁にも慣れ、相手によって上手く使いこなしてる。

大阪で生まれ育った息子は、仕事仲間に「シティボーイ」と言われながらも、今はすっかり田舎に溶け込んでる。山を相手に植林に明け暮れ、「今日は200本植えてきたっし。」なんて、毎日泥まみれになって帰って来る。

「ひゃー、ドロドロやん?」て言うと、「うん、ドロドロや。」って言う。

「髪の毛もボサボサやし、散髪せなあかんのんちゃうん?」って言うと、「うん、散髪せなあかんなぁ。」と言う。「でもええねん、木しか相手してへんから。」って、付け加えた。

ん?、何かこんな風なやりとりどこかで聞いたような気がするけど…。

「 甲斐駒と 並びツルハシ ふり下ろす どちらを見ても 雄々しき姿 」


09 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
緑に覆われた森の中。
2011 / 05 / 20 ( Fri )


日増しに濃くなる森の緑、窓から眺める景色は、一枚の絵画を見るようです。

お客さまが、「緑がいっぱいで静かでいいですねぇ。小鳥の声も聞こえるし、これが森の匂い?」なんて素敵なことを言ってくれるけど、「もう、飽き飽きしてますぅー。」って、言うたら笑われてしまった。

確かに緑は多いし小鳥の声もするけれど、空の青、木々の緑の二色があれば絵が描けそうだし、「カッコー、カッコー」と鳴けば、「アッホー、アッホー」と聞こえるし、「ホー、ホケキョ」と鳴けば、「んー?法華経?」、一発屋芸人の「ゲッツ!ゲッツ!」とも聞こえるし、そして何かのコマーシャルじゃないけれど、「ジュウシイおいしい、ジュウシイおいしい」としか聞こえへんかあちゃんなのです。

二日ほど前に、徳島の姉が森の緑に敗けへんような鮮やかな色の「ソラマメ」を、たっくさん送ってくれました。

皮を剥いて、サッと塩ゆでし小分けにして冷凍し、きのうは「イタリアンサラダ」に使い、今日は「ソラマメごはん」を炊いてみました。
20 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清里、初夏のような陽射しです。
2011 / 05 / 19 ( Thu )

きのう、今日と汗ばむような陽気になってきた清里。青い空に萌えたつ新緑、時間はゆっくり流れています。

何をするでもなく、ぐうたらかあちゃんの長い長ーい、いちにちの始まりです。

清里では遅咲きの桜の花が散り始めました。薫風とともに、桜吹雪を浴びながらごん太とのお散歩は、今日も「山菜採りコース」。

立ち止まって山菜ばかり採るかあちゃんに、ごん太も少々あきれ気味。

そして、山菜は夕ごはんのおかずになるのです。

ワラビのポン酢がけ、コゴミのごま和え、ウドのきんびら、ウドの葉とタラの芽の天ぷら、フキとタケノコのおかか煮、などなど‥‥。

やっとの思いで帰って来たごん太君、「あーぁ、ごん太疲れちまっただよぅー。」「お昼タイムとすっか。」


10 : 57 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
季節を彩る山梨の花々。
2011 / 05 / 17 ( Tue )





5月も半ば、山梨県内はいろいろな花が咲き誇っています。

山梨県の花でもある大木の白い花「ヤマナシ」、ツツジ、フジ、アヤメ、しょうぶ、シバザクラ‥‥。

若葉の緑の中に、ひときわ目立つ薄紫のフジの花、そして別名「ニセアカシア」とも言われる、ハリエンジュの白い花からは甘い香りが漂ってきます。

道路沿いの住宅のフジ棚、花の色ごとにきれいに並べられたプランター、家人の思い入れが強く感じられ、心が和みます。

季節を彩る花々、見る側の感じ方はさまざまですが、咲きそろう花々との「ことばのない会話」には、安らぎが。

そして、はなみずきの庭には「花を愛でる」なんて、おおよそ縁のなかったとうちゃんが、今で言う育児に参加する「イクメン」の如く、大事に大事に種から育てた、色とりどりの「オダマキ」が咲き始めました。




22 : 48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キャン・ユー・スピーク甲州弁?
2011 / 05 / 16 ( Mon )
「あーぁ、ホンマ甲州弁てわからへんわ。」

まぁ、山梨に越して来たら早く土地の言葉に慣れたらええと思うねんけど、4年ぐらいじゃ無理かぁ?

それにしても、土地の人の言葉ってホンマわからへん。そんなときは何となく理解し、笑ってごまかす?解ったフリをする?しかないんだけどネ。

で、最近気づいたことなんだけど、奈良県育ちのとうちゃんは、「ざじずぜぞ」が言われへん。座布団が「だぶとん」、雑巾が「どうきん」、奈良の商店街を歩いてて、「かき氷のみぞれ」のことを「みどれ」って書いてあったことにはビックリして息子たちと笑いこけたけど、なんや甲州弁によう似てるような気がする。

座敷を「だしき」、全部を「でんぶ」、銭を「でに」って言うんやってなぁ、甲州弁は。とうちゃんにはよく理解できると思うわ。

そんなとうちゃんが、最近下手な標準語?甲州弁?を使いだした。そばで聞いてて吹き出しそうになるのをガマンしてる。別に無理せんでもええと思うねんけど、「なぁ、どう思う?」

40年以上ドップリと関西弁に浸かってたかあちゃんは、一生「標準語、甲州弁には染まらへんでえ。」「ええやん、なぁ!」
20 : 55 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨は山菜の宝庫でもあるのです。
2011 / 05 / 15 ( Sun )




いつまでも寒い春が続いてた清里、木々の芽吹きも例年より遅れていたものの、いっせいに緑が萌え出した。

草原は輝き、春と初夏が一緒に来たような、清里でもっとも美しい季節の到来です。

若葉の初々しい緑の色、鮮やかな萠黄色は見る見るうちに力強い濃い緑へと変身してしまう。

季節の移ろいがそれぞれに美しいように、時間の経過とともに移り変わる不分明な状態に魅力を見いだす。

新緑の美しさともに、見逃せないのが山菜。ウド、タラの芽、コゴミ、ワラビ、こしあぶら‥‥。山菜争奪戦はすでに始まっており、とうちゃんかあちゃんはごん太の散歩がてら毎日のように勝負に挑むのです。

とうちゃんとごん太を道端に残し、牧柵を乗り越えて斜面をよじ登り、ひたすらワラビ採りに興じるかあちゃんなのです。

今日の成果は、まあまあかな?
22 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
若葉がまぶしい季節です。
2011 / 05 / 13 ( Fri )

各地で記録的な大雨になった昨日とは打って変わり、陽光あふれる日になりました。ゴールデンウィークも終わり、のんべんだらりとした毎日を過ごしているかあちゃん。

「宵っ張りの朝寝坊」、朝にめっぽう弱いかあちゃんは、起き抜けは頭がボォーっとしてて、一言も喋ることができへん。体を動かしているうちに、頭ン中がハッキリしてくるんだけどネ。

ボンヤリと外に出てみると木々の若葉がまぶしくて、タンポポが満開になってる。だけどなぁ、タンポポの花は好きなんだけど、咲き終わったあとふわりふわりと飛んでいって、どこにでも子孫を残してくる綿毛が許されへん!


で、花を楽しんだ後は綿毛になる前に刈りとってしまうのがかあちゃん流。

だけどなぁ、刈り払い機で「ジャーン、ジャーン」、と草を刈るのは、清里にきてからのかあちゃんの唯一の楽しみなんだけど、草の青臭い匂いがダメで‥‥。ホンマ、変なかあちゃんや。

そして今日も‥‥、

「ゴールデンウィークの疲れで何もできへんわ。」と言いながら、キレイに咲いているタンポポをすっかり刈りとってしまったかあちゃんなのでした。


22 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うぐいすの声を聞きながら‥‥。
2011 / 05 / 10 ( Tue )
ゴールデンウィークは終わったものの、メッチャ疲れて何も出来ない。

大震災の影響で観光客の減少が心配されていたが、直前に相次ぎ予約が入り、活気が戻ってまいりました。満室なのに、当日にも予約の問い合わせがあったして、うれしい悲鳴。

面倒くさいことがキライで、何に関しても「まぁ、ええやん。」「何とかなるやん。」などと、ええ加減で怠け者のかあちゃんも「働き者」のかあちゃんに、変身!おかげさま?でクタクタに疲れさせていただきました。

きのうも今日も体がダルくって、まるっきりヤル気なし。

ダイニングの窓からボンヤリと外を眺めていると、何処からかウグイスの声が‥‥

ちょっぴり癒された瞬間でした。

『「まぁいいさ」「 どうにかなるさ」 と言いながら 残り人生 あとどれくらい?』
23 : 08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清里もやっと新緑の季節になりました。
2011 / 05 / 09 ( Mon )

何が何でも季節は巡ってくるものでして、清里の桜も満開の時を過ぎ、静かに散り始め、ようやく新緑の季節になってきました。

例年なら桜前線のニュースに、誰もがウキウキしたものだが、今年は東日本大震災の影響で、お花見や、ライトアップも自粛され、いつもとは全く違う春だった。

何でもかんでも自粛ムードで、少し寂しさも感じられたけど、桜の花と静かに向き合うことができ、一人一人の胸の中には、今年の桜は特別なものになったに違いない。

はなみずきのチューリップも満開の時を迎えました。


11 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
静けさを取り戻しつつある清里です。
2011 / 05 / 06 ( Fri )

ゴールデンウィーク終盤戦。

4月末より、てんてこ舞いの忙しさだった「はなみずき」も、やっと静けさを取り戻しつつあります。

普段は怠け者のかあちゃんですが、この時ばかりは「こまねずみ」のように働きます。身体を鍛えてないせいか足はおぼつかなくなるし、フラフラになってしまいました。

今日は少しゆったり曜日。久しぶりにモロアの森を下りて見ると、まぶしいばかりの新緑。そして、モロアの森の入り口にあるさくらの花が満開になっていました。


21 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
甲府の夜空、見える星が3倍に。
2011 / 05 / 02 ( Mon )
大型連休前半戦最終日の1日、行楽地や故郷で過ごした人たちが東京方面へ向かう車で混雑し、山梨県内では中央自動車道ですごい渋滞。

震災後、清里は閑散としていましたが、ゴールデンウィークは客足も何とか戻りつつあり、はなみずきの近くにあるポニー牧場も大勢の人達でにぎわっています。

「星降る街」で知られる清里ですが、震災後の節電でライトダウンが続く甲府盆地の夜空でも見える星が3倍に増えています。
22 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |