FC2ブログ
一気に冷え込んできた清里です。
2011 / 10 / 29 ( Sat )

10月も最後の週末、清里は一気に冷え込んでまいりました。

秋色も深まり、紅葉や澄んだ空気を堪能しようとする人たちが訪れています。青い空、紅葉した葉の色が、絶妙なコントラストを披露しているのです。

今年のイベントもほとんど終わり、のんびりまったりした日を過ごしているかあちゃんなのです。

「ゆっくりと 時の流れる 清里は 退屈なだけの 秋の夕暮れ」
23 : 08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋なのに‥‥、サクラの花が。
2011 / 10 / 22 ( Sat )

「秋なのに各地で季節外れのサクラの花が咲いています。」

なぁんてことをテレビ、新聞で知ると、居てもたってもいられず、連日サクラ見物?に繰り出すかあちゃん。

「なぁなぁ、あそこってサクラの木、あったよなぁ?あっち行ったら安くって美味しいお鮨のランチのお店あるし~。」、なぁんて具合に言葉巧みにとうちゃんを誘い出す。

越して来てから、少しずつ山梨の道路を熟知しつつあるとうちゃんと、(勿論イケメンごん太も一緒)毎日のように出掛けるのです。

そして‥‥、春でもないのにサクラ見物。一輪でも咲いていたら「ほら、やっぱり咲いてたやろ。」って、ドヤ顔し、咲いてなかったら、「何で咲いてないねん!」て、不満顔。車の中からでもチラホラと咲いているのを見かけると、「止めて、止めて!」と大騒ぎするかあちゃんなのです。

世間では紅葉を見に出掛けているというのに、なんて変わりもんのかあちゃんなんや!

でも解らんことないわ。「みんなと一緒」、って言うのん、あんまり好きなほうじゃないもんなぁ。納得!納得!
09 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
深まる秋、色づく山々。
2011 / 10 / 19 ( Wed )
行楽シーズン真っ只中、山々は赤や黄色に染まり、清里高原には紅葉を見ようと、毎日たくさんの人が押し寄せてきます。車もずいぶんと増え、週末にイベントがある時などは渋滞することもしばしば。
さてさて、清里のよっくんこと、わが家の次男、(たま~に、清里のヨン様と呼ぶこともあり。顔は似てないけどね。)つい最近仕事帰りに事故っちゃいました。幸い双方ともに何もケガはなかったのですが車は重傷です。

それからのよっくんは慎重に慎重を重ね、少々ビビり気味に運転する毎日なのです。それでも次の日が休みの時は、ときたま夜遅く帰って来ることもあり、夜中まで起きて手芸をしてるかあちゃんに、「また夜更かししてる、早よ寝えや。」と言う。

そして、かあちゃんに「夜更かしクソババア」というあだ名を付けたのです。

「真夜中に コンビニ袋 ぶら下げて 帰る息子よ 無事故か今日は」
21 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
色鮮やかな清里の秋。
2011 / 10 / 17 ( Mon )



牧場通りの「ゆりの木」も、緑から鮮やかな黄色に変身です。緑一色にすっぽり包まれていた、はなみずき周辺、ごん太との散歩道も赤や黄色のにぎやかな季節になってきました。

黄色い稲穂が波打っていた田んぼも、ほとんど稲刈りを終えた様子。かあちゃんたちが子どもの頃と違い、ずいぶんと機械化が進み、あっという間に稲刈りを終えてしまう。今のようにコンバインでの能率のいい収穫ではなく手作業の刈り取り。稲刈りでも田植えでもなんでも手作業だったよなぁ。

朝早くから暗くなるまで農作業をしてた両親を思いだすと、「今の時代ならメッチャ楽できたのになぁ。」と思う、かあちゃんなのでした。

「呼びかけて 稲穂の中に 父母さがす 確かにあった そんな時代が」
11 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
動物も人間も浮足立つ、「実りの秋」。
2011 / 10 / 11 ( Tue )
すっかり色濃くなってきた清里の秋、すべての森の生き物がうれしい「実りの秋」です。

かわいいリスがウロウロしたり、鳥たちはどんな小さな草の実、木の実も見逃さない。

人間も秋の実りにはずいぶん浮足たってくる。クリ、カキ、アケビ、ヤマブドウ‥‥。森の生き物たちとちょっと競争したりもして。

「うわぁ、もうないやん!、せっかく見つけておいた穴場やのに!」。おサルさんかな?それとも人間?たぶんこんなかじり方やったらおサルやなぁ、まぁ、仕方ないかぁ。などと、競争心丸出し。

ごん太との散歩の途中でも木々の上、葉陰など常に目を配らせているかあちゃんなのです。

「春よりも 秋に魅かれる そのひとつ 木の実ころころ 落ちるその音」
11 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
朝晩の空気が冷たくなってきた清里。 「手編み」の季節です。
2011 / 10 / 08 ( Sat )




日中は過ごしやすい陽気だが、朝晩は空気が冷たい。清里も最低気温が10℃を下回るようになってきて、服装もだんだんと冬物が恋しくなる。

ビーズ、パッチワーク、トールペイントはちょっとお休みして、最近のかあちゃんは、暇を見つけてセッセと手編みをする毎日。

毛糸の帽子、マフラー、セーター、カーディガン‥‥。編物の本を見ていると、あれもこれも編みたくなる。若い頃から、冬になるとずいぶんと編物をしたよなぁ。機械編みだったり、手編みだったり。自分の物だったり、とうちゃんの物だったり、息子たちの物だったりして‥。

「そんなに次々と編んでどうするねん?誰も着てくれへんのんちゃうん。」なんて言われてるけど、別にええねん。気まぐれに?気前のエエかあちゃんは、「良かったら、これ着いへん?持ってかえる?」なんて、誰にでもあげてしまう勢いなんです。
23 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
木々は紅葉、木の実、そして足元にはかれんな花が‥‥。
2011 / 10 / 06 ( Thu )




10月に入り、朝晩と日中の寒暖の差が激しかったことから、木々の葉が鮮やかな赤や黄色に色づきはじめています。

やまぼうし、ナナカマドは赤い実をつけ、サクラの葉は一番乗りに色づきました。

足元にはノコンギクが愛らしい花を咲かせています。

急に寒くなり、かあちゃんとごん太はコタツのお世話になりっぱなし。ボォーっとした顔でコタツから出てきたごん太君、よぉーく見ると誰かに似てる。

「若手のお笑い芸人、ピースの又吉君に似てえへん?」って、清里のよっくんが言う。そやなぁ、そう言われて見るとホンマに似てるわ。

それからのごん太は、たま~に、「又吉、又吉」って呼ばれることになったのです。


21 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月もイベントがいっぱいの山梨。
2011 / 10 / 02 ( Sun )
めっきり涼しくなってきた清里、森の中はわずかながら色づきはじめています。

八ヶ岳の山頂からゆっくり降りてくる秋、山麓を錦のグラデーションで染め上げる頃、森は赤や黄色に色づいて落ち葉が地面を覆いつくします。

四季を通じてハイキングやトレッキングを楽しむことができますが、落ち葉のクッションの上を歩くのは何とも心地良いもの。柔らかな日差しが輝く黄金色のカラマツ林を散策するのも素敵です。

そして、週末の清里はイベントがいっぱい!

10月15日、16日
大草原で繰り広げられる八ヶ岳高原最大のイベント、「ポールラッシュ祭、八ヶ岳カンティフェア」


10月22日、23日

人気雑誌『私のカントリー』、の本の世界がそのままイベントになったような、「私のカントリーフェスタin清里」。本で紹介されているカリスマショップが萌木の村に集結します。

また、四季折々の美しい自然とふるさとの文化がおだやかに調和する白州でも、「台ヶ原宿市」も開催されます。10月21日、22日、23日です。
22 : 33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |